発行日 画像 著作名 著作者 コメント
4400344003 (著書名)黙示(著作者)今野徹(コメント)
4400344003 (著書名)鬼人幻燈抄(著作者)中西モトオ(コメント)江戸時代、山間の集落葛野には「いつきひめ」と呼ばれる巫女がいた。よそ者ながら巫女の護衛役を務める青年甚太は、討伐に赴いた森で、遥か未来を語る不思議な鬼に出会う―江戸から平成へ。途方もない時間を旅する鬼人の物語。和風ファンタジーシリーズ第一巻!
4400344003 (著書名)告白(著作者)湊かなえ(コメント)「愛美は死にました。しかし事故ではありません。このクラスの生徒に殺されたのです」我が子を校内で亡くした中学校の女性教師によるホームルームでの告白から、この物語は始まる。語り手が「級友」「犯人」「犯人の家族」と次々と変わり、次第に事件の全体像が浮き彫りにされていく。衝撃的なラストを巡り物議を醸した、デビュー作にして、第6回本屋大賞受賞のベストセラーが遂に文庫化!“特別収録”中島哲也監督インタビュー『「告白」映画化によせて』。
4400344003 (著書名)還暦からの底力(著作者)出口治明(コメント)人生100年時代をパワフルに行動するための出口流初の人生指南!人生の楽しみは喜怒哀楽の総量で決まる! --このテキストは、paperback_shinsho版に関連付けられています。
6月7日6月7日 (著書名)花嫁をガードせよ(著作者)赤川次郎(コメント)
6月7日6月7日 (著書名)悪女列車(著作者)安達 瑶(コメント)
6月7日6月7日 (著書名)代理人(著作者)本城雅人(コメント)
6月7日6月7日 (著書名)クスノキの番人(著作者)東野圭吾(コメント)その木に祈れば、願いが叶うと言われるのはなぜか。
6月7日6月7日 (著書名)竜宮城と七夕さま(著作者)浅田次郎(コメント)100万ドルに値する体験をした!“浦島太郎が食べたご馳走と、滅多に会えない織姫と彦星の恋の行方に想いを馳せる”表題作ほか、爆笑と感動と法悦の極上エッセイ集。JAL機内誌『SKYWARD』人気連載エッセイ「つばさよつばさ」単行本化。
5月19日5月19日 (著書名)武漢封城日記(著作者)郭晶 (コメント)
5月20日5月20日 (著書名)誰も知らない明智光秀の真実(著作者)小和田哲夫(コメント)
5月20日5月20日 (著書名)バカの国(著作者)バカの国(コメント)
5月20日5月20日 (著書名)ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー(著作者)ブレイディみかこ (コメント)
5月20日5月20日 (著書名)感染症の世界史(著作者)石 弘之(コメント)地上最強の地位に上り詰めた人類にとって、感染症の原因である微生物は、ほぼ唯一の天敵だ。医学や公衆衛生の発達した現代においても、日本では毎冬インフルエンザが大流行し、世界ではエボラ出血熱やデング熱が人間の生命を脅かしている。人が病気と必死に闘うように、彼らもまた薬剤に対する耐性を獲得し、強い毒性を持つなど進化を遂げてきたのだ。40億年の地球環境史の視点から、人類と対峙し続ける感染症の正体を探る。
5月15日5月15日 (著書名)冷たい檻(著作者)伊岡瞬 (コメント)
5月15日5月15日 (著書名)笑って生ききる(著作者)瀬戸内 寂聴 (コメント)泣きたいときは辛抱しない。自分を変える革命は何歳でも起こせる。現世なんてサンドイッチのハムより薄い…健康・夫婦・子育て・老い・人づきあい。迷ったら立ち戻りたい、熱く優しい希望のことば。
5月15日5月15日 (著書名)売春島(著作者)売春島(コメント)「三重のあそこね。五人ほど売り飛ばしましたよ」。売春島の実態と人身売買タブーに迫る。
5月15日5月15日 (著書名)半グレ(著作者)草下シンヤ (コメント)半グレとは時代を映した鏡そのものである。しかも、現在進行系で姿を変えていく厄介な存在である(丸山ゴンザレス)
5月15日5月15日 (著書名)乗務員室からみたJR(著作者)関大地 (コメント)
5月14日5月14日 (著書名)開戦と終戦をアメリカに発した男(著作者)福井有三(コメント)日本が戦った大東亜戦争。この大東亜戦争と激動の昭和史を自己の一身で象徴できる一人の人物がいる。その名を加瀬俊一という。
5月14日5月14日 (著書名)世界最終戦争(著作者)石原 莞爾 (コメント)稀代の謀略家かそれとも奇跡の予言者か!?
5月14日5月14日 (著書名)カケラ(著作者)湊かなえ(コメント)
5月13日5月13日 (著書名)十二人の手紙(著作者)井上ひさし(コメント)キャバレーのホステスになった修道女の身も心もボロボロの手紙、上京して主人の毒牙にかかった家出少女が弟に送る手紙など、手紙だけが物語る笑いと哀しみがいっぱいの人生ドラマ。
5月13日5月13日 (著書名)流浪の月(著作者)凪良ゆう(コメント)あなたと共にいることを、世界中の誰もが反対し、批判するはずだ。わたしを心配するからこそ、誰もがわたしの話に耳を傾けないだろう。それでも文、わたしはあなたのそばにいたい―。再会すべきではなかったかもしれない男女がもう一度出会ったとき、運命は周囲の人を巻き込みながら疾走を始める。新しい人間関係への旅立ちを描き、実力派作家が遺憾なく本領を発揮した、息をのむ傑作小説。