3.薬師寺の思い出

薬師寺の思い出

関西以外に住んでいた子供にとって、最初の奈良との出会いは修学旅行であろう。その時始めて見る大仏さんの大きさ、鹿にせんべいをあげる初めての体験は一生涯忘れられない思い出である。だが私は当時千葉県市川にすんでいて中学三年生の関西旅行に先立つ数年前奈良に来た経験がある。それは、祖父と兄貴と私の三人で高野山詣でにきたのである。いつだったか覚えていない。中学にあがる後か前かさだかでない。祖父が一度高野山に参りたいと親父に相談したのであろう。父の紹介で旅行の前か後に薬師寺に泊まることになった。薬師寺に泊まることになったのは、父が当時の管長であった橋本凝胤先生と知り合いであったからである。雑誌のスクラップを持ってきて写真を見せてもらったことがあるが、外国の訪問者を管長が案内しており、そこに父が写っていた。写真の説明に父のところを、一人おいてと書かれているのがおかしかったのを覚えている。旅行の道順は兄貴が計画したらしかったが関西にはいってどの鉄道をどのようにたどったか、全然おぼえていないのである。片道一泊したのか往復二泊したのかもおぼえていない。ただ、美しい宿坊と当時副管長だった高田好胤先生の薬師寺説明が大変上手で面白かったのをおぼえている。
当時といっても50年位まえのことである。その時はまだ昭和の大修理ははじまっておらず、薬師寺東塔と旧の講堂と東院堂があっただけで、本尊薬師如来と日光、月光菩薩は講堂におさめられており、奈良に多い古びたお寺であった。この中に現在の仏様を全部納めていたのであろうか。仏足石は庭の隅に雨ざらしになっていたのを覚えている。
数年たってお決まりの関西修学旅行に再度薬師寺を訪れた。この時も高田好胤先生にお寺の説明をしてもらったのをおぼえている。
三度薬師寺を訪れたのは、就職試験のときである。関東の人間が何故大阪に就職しなければいけないのか多少の違和感を覚えながら関西に来た前日薬師寺に泊まった。その時、接待された若いお坊さんとなにやら論争したおもいでがあるが、論点が何であったかおぼえていない。
当時住み着くつもりのなかった奈良にいつしか永住するはめになった。結婚し子供もできて家もたてたいとおもった。そこで奈良に住み着くことになったのである。

90007.jpg


屏風<薬師の里>

やがて、昭和の大修理が始まった。金堂ができ、西塔ができ、回廊ができ、講堂まで新築された。この間の高田好胤先生の八面六臂の活躍は驚異的であった。何回も先生の講演を聞かせていただいた。そしてついに、薬師寺は天平の輝きをとりもどした。父は何回も我家にきていた。そのある日、晩年に近いときであるが久しぶりに薬師寺をおとずれた。まばゆいばかりの薬師寺をみてポツンとつぶやいた。「新しいお寺はありがたくない」

すでに三人は霊界に住み、何を話し合っているだろうか。高田好胤先生はおやじに、どんな寺でも建立当時はみなキンピカだったのですよ。橋本凝胤先生は「まあまあ浮世のことなどどうでもよいではないか」などと話しているに違いないのである。

目次に戻る

志賀直哉の奈良上高畑サロン

志賀直哉の奈良上高畑サロン

志賀直哉が奈良市高畑に10年ほど住んでいた。東大寺の西側の道を南にくだり、現在奈良教育大学のキャンパスの北側の道を入ると、本薬師寺の前を北に入った閑静な住宅街にある。春日神社の境内と殆ど地続きとなっている。先日ここに訪れた時、あいにく工事中で、家の中に足をふみいれられなかった。仕方なく庭を一回りして工事している家の中を覗くだけだった。五月になればオープンするとのことであった。
 志賀は1883年(明治16年)陸前石巻で生まれた。祖父がかつて古河市兵衛と足尾銅山を共同経営していたという。従って相当な資産家であった。学習院の初等科、中等科に行き1906年(明治39年)、東京帝国大学へ入学し1910年中退した。
志賀の人生を辿るに彼と深く関わった四つの事柄が重要である。①内村鑑三との出会い、②白樺派の中心人物としての活動、③父親との葛藤、④東洋美術への回帰である。
内村鑑三との出会いは18歳のときで7年間通った。その間、キリスト教にそまり、当時はやりのプロレタリア文学に足を踏み込まずにすんだ。③の父親との葛藤は最初の恋愛問題から父の実業家であることによる作家志望への反対といった生き方に関する衝突で大層深刻なものであった。これが「大津順吉」、「正義派」、「和解」といった作品を生む。さらに母にまつわることなどが重なり、親との決別にいたる。そのことから世田谷、尾道、京都、奈良へと住居を移す。③の東洋美術との出会いは、尾道、京都、奈良時代に徹底して作品を鑑賞し、従来のキリスト教的、西洋個人主義に徹した思想に重大な影響を与えたようである。代表作「暗夜航路」は前編は1921年(大正10年)に発表し後編は奈良時代の1937年(昭和12年)の発表で完成まで16年を要した。勿論、殆どが中断の期間が長かったのであるが、その間の作家としての思想変遷が激しく、この作品だけで志賀直哉の人生を理解できる。志賀直哉に限らず、この時代の作家は自伝小説が多く、小説の題材を自分の人生経験にもとめているからである。

上高畑サロン
90068.jpg

 父親が資産家だったこともあり志賀の家計は父の仕送りに頼っていたようである。当然奈良の邸宅も仕送りであるが、志賀は建築にも関心を示し、設計はすべて自分で行ない、工事は親友の大工と共に作り上げたようである。彼は自分の生活や個室としての書斎に心を配り、友人との応接についても居間と食堂一体となった「上高畑のサロン」と呼ばれる部屋を用意し、白樺派文人に限らず多くの文人、画家等芸術家を招待しては麻雀、囲碁、将棋など遊興にすごし、殆ど作家活動をしなかったようである。作品も「暗夜航路」の後編と2~3の作品にかぎられた。勿論奈良を初め関西の名所旧跡を訪れ、特に東大寺別当の上司海雲とは特に昵懇の間柄であった。
 志賀が奈良に来る数年前、大正12年、関東大震災があった。この時谷崎潤一郎が芦屋に引っ越してきた。ここで「卍」「細雪」を制作したのであるが時々志賀の家を訪れては色々話をしたようである。お互いに関西の良さに共感し文学、芸術に話がはずんだ。しかし、関西の悪さも共感した。時にはコテンパンの悪口も言ったようである。
 1938年(昭和13年)志賀は家族共々鎌倉に移り住んだ。奈良を去り東京へ帰った後も「奈良はいい所だが、男の児を育てるには何か物足りぬものを感じ、東京へ引っ越してきたが、私自身には未練があり、今でも小さな家でも建てて、もう一度住んでみたい気がしている」と奈良への愛着を表している。
 私事になるが自分も東京育ちで関西に就職した。結婚をし子供を設け、子供たちが学校に行くようになったとき、志賀と同じ思いにかられた。せめて自分だけは関東弁でがんばったのであるが、所詮空しいことであった。志賀と谷崎の会話に私も加わり2~3云いたいことがあったのである。

 

目次に戻る

HPに戻る