発行日 画像 著作名 著作者 コメント
吉田修一吉田修一 (著書名)犯罪小説集(著作者)吉田修一(コメント)田園に続く一本道が分かれるY字路で、1人の少女が消息を絶った。犯人は不明のまま10年の時が過ぎ、少女の祖父の五郎や直前まで一緒にいた紡は罪悪感を抱えたままだった。だが、当初から疑われていた無職の男・豪士の存在が関係者たちを徐々に狂わせていく…。(「青田Y字路」)痴情、ギャンブル、過疎の閉鎖空間、豪奢な生活…幸せな生活を願う人々が陥穽にはまった瞬間の叫びとは?人間の真実を炙り出す小説集。
吉田修一吉田修一 (著書名)逃亡小説集(著作者)吉田修一(コメント)職を失い、年老いた母を抱えて途方に暮れる男。一世を風靡しながら、転落した元アイドル。道ならぬ恋に落ちた、教師と元教え子。そして、極北の地で突如消息を絶った郵便配達員。彼らが逃げた先に、安住の地はあるのか。人生の断面を切り取る4つの物語。
吉田修一吉田修一 (著書名)アンジュと頭獅王(著作者)吉田修一(コメント) 誰もが知っているあの安寿と厨子王の時空を超える大冒険!
吉田修一吉田修一 (著書名)横道世之介(著作者)吉田修一(コメント)大学進学のため長崎から上京した横道世之介18歳。愛すべき押しの弱さと隠された芯の強さで、様々な出会いと笑いを引き寄せる。友の結婚に出産、学園祭のサンバ行進、お嬢様との恋愛、カメラとの出会い…。誰の人生にも温かな光を灯す、青春小説の金字塔。第7回本屋大賞第3位に選ばれた、柴田錬三郎賞受賞作。
吉田修一吉田修一 (著書名)悪人(著作者)吉田修一(コメント)
吉田修一吉田修一 (著書名)パレード(著作者)吉田修一(コメント) 都内の2LDKマンションに暮らは男女四人の若者達。「上辺だけの付き合い?私にはそれくらいが丁度いい」。それぞれが不安や焦燥感を抱えながらも、“本当の自分”を装うことで優しく怠惰に続く共同生活。そこに男娼をするサトルが加わり、徐々に小さな波紋が広がり始め…。発売直後から各紙誌の絶賛を浴びた、第15回山本周五郎賞受賞作。
吉田修一吉田修一 (著書名)路(著作者)吉田修一(コメント)1999年、台湾~高雄間の台湾高速鉄道を日本の新幹線が走ることになった。 台湾新幹線開発事業部に勤務する多田春香は、正式に台湾出向を命じられた。春香には大学時代に初めて台湾を訪れた6年前の夏、エリックという英語名の台湾人青年とたった一日だけすごし、その後連絡がとれなくなってしまった彼との運命のような思い出があった。
吉田修一吉田修一 (著書名)怒り(著作者)吉田修一(コメント) 若い夫婦が自宅で惨殺され、現場には「怒」という血文字が残されていた。犯人は山神一也、二十七歳と判明するが、その行方は杳として知れず捜査は難航していた。そして事件から一年後の夏―。房総の港町で働く槇洋平・愛子親子、大手企業に勤めるゲイの藤田優馬、沖縄の離島で母と暮らす小宮山泉の前に、身元不詳の三人の男が現れた。
吉田修一吉田修一 (著書名)森は知っている(著作者)吉田修一(コメント)
吉田修一吉田修一 (著書名)ウォーターゲーム (著作者)吉田修一(コメント)敵か味方か、嘘か真実か、善か悪か―!?金の匂いに敏感な男女が、裏切りあい、騙しあいながら“今”を駆け抜ける!