発行日 画像 著作名 著作者 コメント
谷崎潤一郎谷崎潤一郎 (著書名)陰翳礼讃(著作者)谷崎潤一郎(コメント) 日本の美学の底には「暗がり」と「翳り」がある。
谷崎潤一郎谷崎潤一郎 (著書名)細雪(著作者)谷崎潤一郎(コメント) 小説『細雪』は、いまの世の中では殆ど見かけられなくなったと思われる美しい4姉妹の、妖しい息づかい、微妙な相剋、宿命的ともいえる孤独感が、関西独自の風習や、季節の移り変りのなかで見事に描かれている。谷崎文学の頂点として昭和文学史を華やかに彩る、名作長篇初の豪華全一冊本。
谷崎潤一郎谷崎潤一郎 (著書名)春琴抄(著作者)谷崎潤一郎(コメント)
谷崎潤一郎谷崎潤一郎 (著書名)痴人の愛(著作者)谷崎潤一郎(コメント) 生真面目なサラリーマンの河合譲治は、カフェで見初めた美少女ナオミを自分好みの女性に育て上げ妻にする。成熟するにつれて妖艶さを増すナオミの回りにはいつしか男友達が群がり、やがて譲治も魅惑的なナオミの肉体に翻弄され、身を滅ぼしていく。大正末期の性的に解放された風潮を背景に描く傑作。
谷崎潤一郎谷崎潤一郎 (著書名)谷崎潤一郎フェティシズム小説集(著作者)谷崎潤一郎(コメント)女郎蜘蛛の入れ墨を背に彫り込まれた娘が、自らの裡にひそませる欲望を解き放ち、あざやかな変貌をとげる「刺青」、恐怖に取り憑かれた男の禁断の快楽を描いた「悪魔」、女の足を崇拝する初老の男と青年が、恍惚の遊戯に耽り、溺れていく「富美子の足」など、情痴の世界を物語へと昇華させた、谷崎文学に通底するフェティシズムが匂い立つ名作6篇。
谷崎潤一郎谷崎潤一郎 (著書名)陰翳礼讃・文章読本(著作者)谷崎潤一郎(コメント) 文豪の美意識と創作術の核心を余さず綴る、名随筆を集成。
谷崎潤一郎谷崎潤一郎 (著書名)刺青・秘密(著作者)谷崎潤一郎(コメント)