発行日 画像 著作名 著作者 コメント
田宮虎彦田宮虎彦 (著書名)寛永主従記(著作者)田宮虎彦(コメント) 会津藩藩主加藤家の重臣、堀主水。先代の死後、その子明成にも、家老として変わらぬ忠義を尽くそうとするものの、日に日に要職からはずされてゆく。どうすれば明成に正しい道を伝えることができるのか。主水は諌死すら覚悟し手を尽くすが…。名作家・田宮虎彦の大作。
(著書名)足摺岬(著作者)田宮虎彦(コメント)死を決意した学生の「私」が四国で巡り合った老巡礼との邂逅、その無償の好意で救われる表題作「足摺岬」、新聞配達少年との心の通い合いと突然の死を伝える「絵本」、敗北する小藩の命運を書く「落城」、初期秀作「霧の中」他。人間の孤独な心に寄りそった、優しい視線の作品世界。
(著書名)さまざまな愛のかたち(著作者)田宮虎彦(コメント)人はなにゆえに愛をもとめ、傷つくのか。愛と孤独の深みをみつめつづけた作家が文学に描かれた様々な人生にわけいり、切実な思いをこめて綴った珠玉の恋愛論。
(著書名)落城・足摺岬(著作者)田宮虎彦(コメント)
(著書名)赤い椿の花 田宮虎彦(著作者)田宮虎彦(コメント)
(著書名)私と文学と人生: エッセイ集(著作者)田宮虎彦(コメント)
(著書名)ブラジルの日本人(著作者)田宮虎彦(コメント)
(著書名)愛のかたみ(著作者)田宮虎彦(コメント)
(著書名)寛永主従記(著作者)田宮虎彦(コメント)会津藩藩主加藤家の重臣、堀主水。先代の死後、その子明成にも、家老として変わらぬ忠義を尽くそうとするものの、日に日に要職からはずされてゆく。どうすれば明成に正しい道を伝えることができるのか。主水は諌死すら覚悟し手を尽くすが…。名作家・田宮虎彦の大作。