発行日 画像 著作名 著作者 コメント
清水一行清水一行 (著書名)捜査一課長(著作者)清水一行(コメント)
清水一行清水一行 (著書名)仕手株地獄(著作者)清水一行(コメント)仕手グループの主宰者八島に、持ち株を譲ってくれ、との要請があった。その裏には会社乗っ取りの影が……。地獄と背中合わせの悦楽に身を浸す男を描く。著者十余年ぶりの兜町小説。
清水一行清水一行 (著書名)花の嵐―小説・小佐野賢治(著作者)清水一行(コメント)昭和8年、16歳の少年が丁稚奉公のため郷里の山梨から上京した。商才に長けていた少年は、やがて自動車部品の外務員になり、そして卸商の主となる。終戦直後、青年の手には1000万円の現金があった―。後にホテル王と呼ばれた希代の経済人・小佐野賢治の疾風怒涛の時代を描く伝記小説。