発行日 画像 著作名 著作者 コメント
芹沢光治良芹沢光治良 (著書名)父、芹沢光治良、その愛 (著作者)芹沢光治良(コメント)次女・野沢朝子(ともこ)氏が綴った、在りし日の“父親として"の芹沢光治良。
芹沢光治良芹沢光治良 (著書名)教祖様―ふしぎな婦の一生(著作者)芹沢光治良(コメント)
芹沢光治良芹沢光治良 (著書名)人間の運命(著作者)芹沢光治良(コメント)
芹沢光治良芹沢光治良 (著書名)新装版 巴里に死す(著作者)芹沢光治良(コメント)一九二〇年代、美しき巴里。夫に伴われた留学先で、子どもを身ごもるも結核に倒れる伸子。病床にて娘に宛てて綴った三冊のノートをめぐって、死と新生、自然の摂理と普遍の愛を描く。