発行日 画像 著作名 著作者 コメント
早乙女貢早乙女貢 (著書名)早乙女貢(著作者)早乙女貢(コメント)美濃国主土岐氏に連なる明智光秀は、浪々の身となり諸国を流れ巡り、やがて尾張の織田信長のもとで働くことになる。歌道、故実式目、軍学を究めていた光秀は瞬く間に織田家の出世頭に駆け上がり、城持ち大名となる。しかし、遂に信長を討つべく立ち上がった。本能寺の変の後、光秀が辿った数奇な運命とは!
早乙女貢早乙女貢 (著書名)かくれ里紀行 (著作者)早乙女貢(コメント)落人たちの見果てぬ夢。「山中鹿之介の残党の里」「高野九度山の真田幸村」「天誅組敗残の道」ほか。珠玉の歴史エッセイ。
早乙女貢早乙女貢 (著書名)血槍三代 愛欲編(著作者)早乙女貢(コメント)乱世を自らの力量によって切り拓くために、槍一筋、“男道”を求めて女人を愛しながら、戦国の世を生きる無頼の大名・水野藤十郎の数奇な運命を多彩な人物を配して描く巨編。(解説・磯貝勝太郎)
早乙女貢早乙女貢 (著書名)奇兵隊の叛乱(著作者)早乙女貢(コメント)吉田松陰門下の逸材として高く評価された高杉晋作。身分の上下を問わない人員構成で近代軍隊組織の原形となった“奇兵隊”を誕生させ初代総督となった。そこに入隊した赤根武人、世良修蔵、山縣狂介ら若き志士たちの、明日の日本に賭ける夢と理想―。急転する時流のなかで悲惨な末路を迎える奇兵隊の転変を描いて、幕末の動乱を浮き彫りにする。明治政府によって捏造された維新史を糾す歴史小説。
早乙女貢早乙女貢 (著書名)会津士魂 1 会津藩京へ(著作者)早乙女貢(コメント)幕末、京都を中心に尊皇攘夷の嵐が吹きあれる中、会津藩主松平容保は、京都守護職を拝命し、京都の秩序回復と禁裏の守護に当たるべく藩士を率いて上洛した。天皇に忠を、幕府に孝を尽くした会津藩主従が、なぜ朝敵の汚名を被らねばならなかったか。幕末悲劇の真相を追求する著者畢生の大河歴史小説。吉川英治文学賞受賞作品。
早乙女貢早乙女貢 (著書名)血槍三代 風雲編 (著作者)早乙女貢(コメント)乱世を自らの力量によって切り拓くために、槍一筋、“男道”を求めて女人を愛しながら、戦国の世を生きる無頼の大名・水野藤十郎の数奇な運命を多彩な人物を配して描く巨編。(解説・磯貝勝太郎)
早乙女貢早乙女貢 (著書名)竜馬を斬った男(著作者)早乙女貢(コメント)会津藩士の三男坊・佐々木只三郎。精武流の剣と宝蔵院流の槍を学び、立身を夢見て江戸へ。やがて京へ上った只三郎は、その剣技と知謀を認められ、京都見廻組与頭となる。討幕を呼号する尊皇過激派の跳梁跋扈が熾烈化すると、まず尊皇派の清河八郎を暗殺、そして坂本竜馬を狙い…。表題作他、激動の幕末を至純な情熱で駆け抜けた若者たちと、彼らを愛した女たちの切なく哀しい生き様を描く全七篇。
早乙女貢早乙女貢 (著書名)わが師山本周五郎(著作者)早乙女貢(コメント)狷介にして頑迷、へそ曲がりの文士なるわが師、山本周五郎。一点の見誤りもないほどの鋭さの底に、しかし深い悲しみと慈愛を秘めていた。真摯であることによって、心が救われる姿を物語にし、人生の共感を呼んだ作家―。昭和27年頃から、横浜の周五郎宅へ通い、師の姿を間近で見つめ、教えを受けた著者が、敬愛の念を持って描く。初めて明かされる素顔の周五郎と、弟子の魂の交流と文学世界。
早乙女貢早乙女貢 (著書名)血槍三代(著作者)早乙女貢(コメント)乱世を自らの力量によって切り拓くために、槍一筋、“男道”を求めて女人を愛しながら、戦国の世を生きる無頼の大名・水野藤十郎の数奇な運命を多彩な人物を配して描く巨編。(解説・磯貝勝太郎)