発行日 画像 著作名 著作者 コメント
落合信彦落合信彦 (著書名)二〇世紀最大の謀(著作者)落合信彦(コメント)誰が、なぜアメリカの若きリーダーを殺したのか?一九六三年十一月二十二日にジョン・F.ケネディ大統領が暗殺され、五〇年が過ぎた。その裏の謀略にいち早く注目した著者が、真相に迫った衝撃作『決定版二〇三九年の真実』を増補文庫化。米政府が多くの証拠物件を「二〇三九年まで公開しない」とする中、数々の事実や背後関係を発見していく。実際に引き金を引いたのは誰だったか?重要証人が相次いで変死、大統領を恨むマフィアたち、ある重要人物がついていたアリバイの嘘―真の改革者を消し去った超大国アメリカの深い闇を暴く。
落合信彦落合信彦 (著書名)そして、アメリカは消える(著作者)落合信彦(コメント)中国とロシアが暴れ回る世界で日本人よ、生き抜け!トランプvsヒラリー「絶望の大統領選」で緊急書き下ろし。ジャングル化した世界―「私が愛した希望の国はなぜ劣化したのか」
落合信彦落合信彦 (著書名)日本再興戦略(著作者)落合信彦(コメント)今、世界でもっとも注目される日本人科学者が描く希望の国のグランドデザイン。
落合信彦落合信彦 (著書名)モサド、その真実 世界最強のイスラエル諜報機関(著作者)落合信彦(コメント)四面の敵が、この組織を最強に育てた! 敵対するアラブ諸国に囲まれたイスラエルでは、生存のために世界最強の諜報機関を必要とした。ナチのアイヒマン誘拐やイラク原子炉急襲など徹底レポート。
落合信彦落合信彦 (著書名)ケンカ国家論(著作者)落合信彦(コメント)尖閣、竹島、北方領土、若者の内向き志向…“攻撃有利の時代”到来。「打って出る勇気」が問題を解決する。
落合信彦落合信彦 (著書名)ケネディからの伝言(著作者)落合信彦(コメント)今も胸を打つ「ケネディ兄弟の名演説」―。一九六三年に暗殺されたジョン・F.ケネディ元大統領、そして六八年に同じく暗殺された弟のロバート・ケネディ元司法長官。彼らの業績をその「言葉」を通じて振り返る。ケネディ兄弟の数々の名演説の英語原文と著者による日本語訳を併載。彼らは軍産複合体などの既得権勢力や社会の偏見と闘い、危機の時代に平和を、憎しみの時代に愛と慈しみを説いた。世界を動かしたその言葉は、五〇年が経った今日もまったく色褪せていない。国際政治ジャーナリスト・落合信彦氏のベストセラー『ケネディからの伝言』増補文庫版。
落合信彦落合信彦 (著書名)命の使い方(著作者)落合信彦(コメント)タックルの仕方によっては、人生というゲームほどエキサイティングなものはない。様々な問題に直面したときのヒントや、やりたいことをとことんやって燃えつきるための極意95ケ条。
落合信彦落合信彦 (著書名)サブプライムを超えて(著作者)落合信彦(コメント)世界的な経済危機へと発展したサブプライム。その牙に飲み込まれた男は、破綻からの再起を賭け、武器ビジネスに身を投じ、サブプライムを予見した男は、ウォール街の伝説的なポジションを捨て、新たなビジネスに挑戦する。そして、人生の勝利を手に入れた男は、その余生を人類に希望をもたらす驚天動地のプロジェクトに賭けるのだった―。マフィア、各国諜報機関を巻き込んで、壮大なスケールで描く、傑作長篇。
落合信彦落合信彦 (著書名)「最強情報戦略国家」の誕生(著作者)落合信彦(コメント)落合信彦が諜報機関をつくる! 「日本には独自のインテリジェンス機関の創設が必要だ」と、かねてからその必要性を唱えてきた著者が、緒に就いたばかりの日本の情報機関のあるべき姿を説く。CIA、KGB、モサドと独自の情報網と人脈、そして長年の豊富な取材データ「落合ノート」を駆使。謀略の闇に消えた知られざるエピソードなどを織り交ぜながら、各国諜報機関の長所と欠点を浮き彫りにしていく。そして、そこに示すものは、日本がつくるべき世界最強の諜報機関「NIA」(国家情報局)である。 本書は著者が30年の構想のもと書き上げた大書であり、国際ジャーナリスト生活130冊目の記念すべき書である。
落合信彦落合信彦 (著書名)愛と惜別の果てに(著作者)落合信彦(コメント)今世紀初頭、NASA主導のある宇宙計画が中止された。その研究は米国防総省に引き継がれ、核を超える究極の兵器開発に結びついていた。計画の名は「オメガ」。事の重大さにイスラエルは研究の中心人物である科学者を抹殺するため、陸軍特殊部隊員らを送りこむ。だが事態は予期しない方向へと向かっていく―。国家の思惑の狭間で闘う男たちを描くエンターテインメント巨編。