>
発行日 画像 著作名 著作者 コメント
ノーベル作家政治の衰退 (著書名)政治の衰退(著作者)フランシス フクヤマ(コメント)本書では、「国家」「法の支配」「政府の説明責任」の3つがダイナミックに作用し合うさまを21世紀初頭までたどっていきたい。もし本書の各章を通じて流れるテーマが1つだけあるとすれば、それは世界中の政治に欠陥があるということである。よくない政府がいかにしてよい政府に転じるかを理解するには、まず双方の歴史的起源を理解するところから始める必要がある
ノーベル作家歴史の終わり (著書名)歴史の終わり(著作者)フランシス フクヤマ(コメント)なぜ今一つの歴史が終わるのか!幻想のうちに崩壊した「自由の王国」。社会進歩のメカニズムと新しい歴史を創造させるエネルギーとは。現代史を総括する歴史的教訓。
ノーベル作家政治の起源 (著書名)政治の起源(著作者)フランシス フクヤマ(コメント)自由民主主義が機能し、政治に秩序が生まれるためには、「国家」「法の支配」「政府の説明責任」この3制度のバランスが鍵を握る
ノーベル作家アメリカの終わり (著書名)アメリカの終わり(著作者)フランシス フクヤマ(コメント)「ネオコンは変容した。もはや支持することはできない」―ウォルフォウィッツ前国防副長官らとともにネオコンの主流を歩み、クリントン政権時代には「対イラク強硬策」を主張した論客、フランシス・フクヤマが、“転向”を表明した。近視眼的なものの見方しかできなくなったアメリカの“弱点”を鋭くえぐり、危うい状態に陥った世界への新たな展望を示す本書は、洞察の深さと、精緻な論理構成から欧米で喝采を浴び、ベストセラーとなった。名著『歴史の終わり』以来の転換点に立つフクヤマの最新政治思想論。
ノーベル作家信なくば立たず (著書名)信なくば立たず(著作者)フランシス フクヤマ(コメント)これまでの日本経済の繁栄は、一に「高信頼社会」のたまものである。しかし、今、それは揺らぎ始めた。世界は、日本は、21世紀へどう変貌してゆくのか。「歴史の終わり」の経済篇として書くべくして書かれた。
ノーベル作家人間の終わり (著書名)人間の終わり(著作者)フランシス フクヤマ(コメント) 昨今、バイオテクノロジー技術は急速に発展しており、今まででは考えられないような事が、実現されてきている。現実にアメリカでは、クスリや遺伝子工学を駆使して「もっと魅力的に」「もっと人に好かれる性格に」変貌を遂げることが可能となっている。
ノーベル作家大崩壊の時代 (著書名)大崩壊の時代(著作者)フランシス フクヤマ(コメント)インターネット革命が進行する一方で、現代社会はかつてない深刻な危機に直面している。われわれの生存すら脅かすさまざまな社会病理を、最新データをもとに徹底検証し人類が進むべき道を示す。