発行日 画像 著作名 著作者 コメント
村上春樹村上春樹 (著書名)猫を棄てる 父親について語るとき(著作者)村上春樹(コメント)
村上春樹村上春樹 (著書名)国境の南、太陽の西 (著作者)村上春樹(コメント)
村上春樹村上春樹 (著書名)走ることについて語るときに僕の語ること(著作者)村上春樹(コメント)1982年秋、専業作家としての生活を開始したとき、彼は心を決めて路上を走り始めた。それ以来25年にわたって世界各地で、フル・マラソンや、100キロ・マラソンや、トライアスロン・レースを休むことなく走り続けてきた。旅行バッグの中にはいつもランニング・シューズがあった。走ることは彼自身の生き方をどのように変え、彼の書く小説をどのように変えてきたのだろう?日々路上に流された汗は、何をもたらしてくれたのか?村上春樹が書き下ろす、走る小説家としての、そして小説を書くランナーとしての、必読のメモワール。
村上春樹村上春樹 (著書名)色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年(著作者)村上春樹(コメント)良いニュースと悪いニュースがある。多崎つくるにとって駅をつくることは、心を世界につなぎとめておくための営みだった。あるポイントまでは…。
村上春樹村上春樹 (著書名)みみずくは黄昏に飛びたつ(著作者)村上春樹(コメント)ようこそ、村上さんの井戸へ―川上未映子はそう語り始める。少年期の記憶、意識と無意識、「地下二階」に降りること、フェミニズム、世界的名声、比喩や文体、日々の創作の秘密、そして死後のこと…。初期エッセイから最新長編まで、すべての作品と資料を精読し、「村上春樹」の最深部に鋭く迫る。十代から村上文学の愛読者だった作家の計13時間に及ぶ、比類なき超ロングインタビュー!
村上春樹村上春樹 (著書名)羊をめぐる冒険 (著作者)村上春樹(コメント)
村上春樹村上春樹 (著書名)村上さんのところ(著作者)村上春樹(コメント)春樹さん、こんなことも聞いていいですか?世界中から集まった質問は何と3万7465通。恋愛・人間関係・仕事など悩ましい人生のモンダイから小説の書き方、音楽や映画、社会問題、猫やスワローズまで、怒涛のメール問答は119日間、閲覧数1億PVに及んだ。可愛くてちょっとシュールなフジモトマサルのイラストマンガを多数加え、笑って泣いて励まされる選りすぐりの473通を収録する!
村上春樹村上春樹 (著書名)風の歌を聴け(著作者)村上春樹(コメント)夏休みに海辺の街に帰省した〈僕〉は、友人の〈鼠〉とビールを飲み、介抱した女の子と親しくなって、退屈な時を送る。二人それぞれの愛の屈托をさりげなく受けとめてやるうちに〈僕〉の夏はものうく、ほろ苦く過ぎ去っていく。青春の一片を乾いた軽快なタッチでとらえた出色のデビュー作。