発行日 画像 著作名 著作者 コメント
百田直樹日本国紀 (著書名)日本国紀(著作者)百田直樹(コメント)私たちは何者なのか―。神話とともに誕生し、万世一系の天皇を中心に、独自の発展を遂げてきた、私たちの国・日本。本書は、2000年以上にわたる国民の歴史と激動にみちた国家の変遷を「一本の線」でつないだ、壮大なる叙事詩である!当代一のストーリーテラーが、平成最後の年に送り出す、日本通史の決定版!
百田直樹今こそ、韓国に謝ろう ~そして、「さらば」と言おう (著書名)今こそ、韓国に謝ろう ~そして、「さらば」と言おう(著作者)百田直樹(コメント)私達の先人は「併合時代」に何をしたのか?日本史上、最悪の三十五年間。朝鮮にかかわったのが大失敗だった!
百田直樹「日本国紀」の天皇論 (著書名)「日本国紀」の天皇論(著作者)百田直樹(コメント)
百田直樹日本国紀』の真実 (著書名)日本国紀』の真実(著作者)別冊宝島編集部(コメント)安倍政権と密接に連動した政治的言動とその本質を徹底解剖します。
百田直樹いい加減に目を覚まさんかい、 (著書名)いい加減に目を覚まさんかい、(著作者)百田直樹(コメント)日に日に高まる韓国の反日運動、その陰でミサイル開発を続ける北朝鮮、日本の領土を狙う中国、「日本がなんとかせいや」と言わんばかりにそれを放置するアメリカ……何十年にもわたり、日本は何をやっていたのか。 日本人の平和ボケを生み出す最大の要因はメディアにあると語る百田尚樹氏と、日本に長年住み、日本人の国家意識の低さを危惧するケント・ギルバート氏が徹底討論! 2017年に刊行された同名書籍に加筆・修正を加え、日本人の歴史観がメディアから一方的に受けたイメージや先入観に囚われていないかを問う。もう見て見ぬふりはできない。
百田直樹夏の騎士 (著書名)夏の騎士(著作者)百田直樹(コメント)あの夏、ぼくは「勇気」を手に入れた。稀代のストーリーテラーによる約3年ぶり、渾身の長編小説。人生で最も大切なもの。それは、勇気だ。ぼくが今もどうにか人生の荒波を渡っていけるのは、31年前の出来事のおかげかもしれない―。昭和最後の夏、ぼくは仲の良い友人2人と騎士団を結成する。待ち受けていたのは、謎をめぐる冒険、友情、そして小さな恋。新たなる感動を呼び起こす百田版「スタンド・バイ・ミー」、遂に刊行。
百田直樹カエルの楽園 (著書名)カエルの楽園(著作者)百田直樹(コメント)国を追われた二匹のアマガエルは、辛い放浪の末に夢の楽園にたどり着く。その国は「三戒」と呼ばれる戒律と、「謝りソング」という奇妙な歌によって守られていた。だが、南の沼に棲む凶暴なウシガエルの魔の手が迫り、楽園の本当の姿が明らかになる…。単行本刊行後、物語の内容を思わせる出来事が現実に起こり、一部では「予言書」とも言われた現代の寓話にして、国家の意味を問う警世の書。
百田直樹大放言 (著書名)大放言(著作者)百田直樹(コメント)思ったことや軽いジョークを口にしただけで、クレーム、バッシングの嵐。求められるのは人畜無害な意見ばかり。こんな息苦しい世に誰がした?数々の物議を醸してきた著者が、ズレた若者、偏向したマスコミ、平和ボケの政治家たちを縦横無尽にメッタ斬り。炎上発言の真意から、社会に対する素朴な疑問、大胆すぎる政策提言まで、思考停止の世間に一石を投じる書下ろし論考集。今こそ我らに“放言の自由”を!
百田直樹錨を上げよ (著書名)錨を上げよ(著作者)百田直樹(コメント)一生に一作しか書けない小説。『錨を上げよ』には私のすべてが詰まっている
百田直樹愛国論 (著書名)愛国論(著作者)百田直樹(コメント)『永遠の0』の宮部久蔵、『海賊とよばれた男』の国岡鐵造に込められた国を想う気持ちとは!?大東亜戦争から戦後の自虐史観、そして嫌韓嫌中問題まで。日本を取り巻く環境が激変していく中、日本人の国への想いがどのように変化してきたのか。いまこそ問いたい「日本人はいかに日本を愛するべきか」。過激な言動で誤解されがちなベストセラー作家・百田尚樹の本心に、ジャーナリスト・田原総一朗が正面から切り込んでいく。
百田直樹海賊とよばれた男 (著書名)海賊とよばれた男(著作者)百田直樹(コメント)一九四五年八月十五日、敗戦で全てを失った日本で一人の男が立ち上がる。男の名は国岡鐡造。出勤簿もなく、定年もない、異端の石油会社「国岡商店」の店主だ。一代かけて築き上げた会社資産の殆どを失い、借金を負いつつも、店員の一人も馘首せず、再起を図る。石油を武器に世界との新たな戦いが始まる。
百田直樹永遠の0 (著書名)永遠の0(著作者)百田直樹(コメント)「娘に会うまでは死ねない、妻との約束を守るために」。そう言い続けた男は、なぜ自ら零戦に乗り命を落としたのか。終戦から60年目の夏、健太郎は死んだ祖父の生涯を調べていた。天才だが臆病者。想像と違う人物像に戸惑いつつも、1つの謎が浮かんでくるーー。記憶の断片が揃う時、明らかになる真実とは。