発行日 画像 著作名 著作者 コメント
宮沢賢治宮沢賢治 (著書名)新編 銀河鉄道の夜(著作者)宮沢賢治(コメント)貧しく孤独な少年ジョバンニが、親友カムパネルラと銀河鉄道に乗って美しく悲しい夜空の旅をする、永遠の未完成の傑作である表題作や、「よだかの星」「オツベルと象」「セロ弾きのゴーシュ」など、イーハトーヴォの切なく多彩な世界に、「北守将軍と三人兄弟の医者」「饑餓陣営」「ビジテリアン大祭」を加えた14編を収録。賢治童話の豊饒な味わいをあますところなく披露する。
宮沢賢治宮沢賢治 (著書名)宮沢賢治童話集―心に残るロングセラー名作10話 (著作者)宮沢賢治(コメント)子どもたちにぜひ読んでほしい宮沢賢治の名作のベスト10話を収録。小学生向き。
宮沢賢治宮沢賢治 (著書名)宮沢賢治全集〈7〉(著作者)宮沢賢治(コメント)
宮沢賢治宮沢賢治 (著書名)新編 風の又三郎(著作者)宮沢賢治(コメント) 「やっぱりあいづ又三郎だぞ」谷川の岸の小学校に風のように現われ去っていった転校生に対する、子供たちの親しみと恐れのいりまじった気持を生き生きと描く表題作や、「やまなし」「二十六夜」「祭の晩」「グスコーブドリの伝記」など16編を収録。多くの人々を魅了しつづける賢治童話の世界から、自然の息づきの中で生きる小動物や子供たちの微妙な心の動きを活写する作品を中心に紹介。
宮沢賢治宮沢賢治 (著書名)ポラーノの広場 (著作者)宮沢賢治(コメント) つめくさのあかりを辿って訪ねた伝説の広場をめぐる顛末を、自伝的思い深く描いた表題作、ブルカニロ博士が現れる「銀河鉄道の夜〔初期形第三次稿〕」、本物の風の子又三郎の話「風野又三郎」、「いちょうの実」など童話17編。多彩な作品の複雑な成立の秘密もうかがい知れて、魅力をさらに堪能できる一冊。
宮沢賢治宮沢賢治 (著書名)セロひきのゴーシュ-宮沢賢治童話集4(著作者)宮沢賢治(コメント)ゴーシュは、夜遅くまでセロの練習を。すると、毎晩のように動物や鳥が現れて…。賢治の代表作『セロひきのゴーシュ』をはじめ、『どんぐりと山猫』『貝の火』『グスコーブドリの伝記』ほか、詩『林と思想』を収録。