発行日 画像 著作名 著作者 コメント
三浦朱門三浦朱門 (著書名)老年の品格(著作者)三浦朱門(コメント) 気持ちは若い頃のままなのに皺が増え、体力は衰える一方。いつの間にか「老人」に分類されるようになり、社会でも家庭でもイマイチ居心地が良くない…。そんな苦境の打開策は、人間関係における簡単な発想の転換にある!長年連れ添った妻・曽野綾子や、吉行淳之介、遠藤周作ら友人達との抱腹絶倒のエピソードを織り交ぜながら説く、山あり谷ありの長い人生を前向きに楽しむ秘訣。
三浦朱門三浦朱門 (著書名)箱庭(著作者)三浦朱門(コメント) 戦後二十年、経済的にも物資的にも豊かになった日本社会。東京山の手を舞台に、一つの屋敷内に住む、父母、長男夫妻、次男夫妻の世代の異なる三カップルが繰り広げる悲喜劇。主人公の長男・木俣学と、弟・修の妻・百合子の情事をきっかけに、「箱庭のようにせまく、息苦しくそのくせ形だけはととのっている」家族が、ゆっくりと、静かに崩壊してゆく姿と、その荒涼とした心の風景を描く力作長篇小説。
三浦朱門三浦朱門 (著書名)人生は五十歳から(著作者)三浦朱門(コメント) 「人生五十年」という言葉があるように、五十歳は、かつては人生の終末を見る年齢であった。しかし平均寿命が延びた今、五十歳は新しい第二の人生の出発である。そこからの後半生は、今まで貯めた知力・経験力・応用力の実りの時でもある。五十歳からは、何を目標にして、どのように生きるべきなのか。「歴史四十年変動説」を唱える著者の、心豊かな人生を送るための珠玉の手引き書。
三浦朱門三浦朱門 (著書名)まず微笑(著作者)三浦朱門(コメント)
三浦朱門三浦朱門 (著書名)東南アジアから見た日本(著作者)三浦朱門(コメント)
三浦朱門三浦朱門 (著書名)「歴史・公民」全教科書を検証する―教科書改善白書(著作者)三浦朱門(コメント) いま、扶桑社の「歴史」「公民」教科書が国の内外で問題にされている。中・韓両国は内容がはっきりする前から猛烈な批判を展開し、歴史教科書に修正を要求してきた。しかし、大方の国民は、問題の教科書がどのように記述されており、他社の教科書とどう違うのか知る術がない。本書では全ての教科書の記述内容等について、学習指導要領を物差しにして検証し、徹底比較していく。
三浦朱門 (著書名)男って何ですか―女にわかりにくい男の本質・夫の心理(著作者)三浦朱門(コメント) あなたの「男性を見る目」は単純すぎないか…。男の弱点・男の魅力を再発見する本。
三浦朱門三浦朱門 (著書名)再会(著作者)三浦朱門(コメント)
三浦朱門三浦朱門 (著書名)教師 (著作者)三浦朱門(コメント) 公立高校の校長をしていた奏男は、50歳を過ぎて教え子の母親と駆け落ちし、職を失った。地方都市でひっそりと始めた私塾は、今までの教師生活では得られぬ充実した喜びを彼に与えてくれた(教師)。進学・ツッパリ・学習塾そして組合問題など、現在の教育が抱える問題を、教師の側から見据えた連作。
三浦朱門三浦朱門 (著書名)子どもに読ませたい世界の名著 (著作者)三浦朱門(コメント) 『星の王子さま』『アンネの日記』『銀河鉄道の夜』―時代を超えて読み継がれている名著の数々。本書は、そうした世界の名著26作品を取り上げ、そのあらすじをまとめたものです。物語の感動は、アニメよりも、原作を読むことでより伝わるもの。我が子に何を読ませるか迷ったとき、忘れかけていた感動を思い出したいとき、この本は必ず役立つでしょう。大人の読書にも耐えうる名作ガイドの決定版。