発行日 画像 著作名 著作者 コメント
(著書名)恩讐の彼方に・忠直卿行状記(著作者)菊池寛(コメント)有名な九州耶馬渓、青の洞門の伝説を小説化した『恩讐の彼方に』、封建制下のいわゆる殿様の人間的悲劇を描いた『忠直卿行状記』は、テーマ小説の創始者たる菊池寛の多くの作品中の傑作として知られる。他に『三浦右衛門の最後』『藤十郎の恋』『形』『名君』『蘭学事始』『入れ札』『俊寛』『頚縊り上人』を収める。
(著書名)『菊池寛作品集(著作者)菊池寛(コメント)
(著書名)形(著作者)菊池寛(コメント)
(著書名)真珠夫人(著作者)菊池寛(コメント)美貌の未亡人瑠璃子が、男性のエゴイズムに復讐することを軸にしながら、最後は彼女を慕う青年に殺されるまでを描く。今なお色褪せない、文豪の社会的ベストセラー。フジテレビ系ドラマ原作。
(著書名)藤十郎の恋・恩讐の彼方に(著作者)菊池寛(コメント)元禄期の名優坂田藤十郎の偽りの恋を描いた『藤十郎の恋』、耶馬渓にまつわる伝説を素材に、仇討ちをその非人間性のゆえに否定した『恩讐の彼方に』、ほか『忠直卿行状記』『入れ札』『俊寛』など、初期の作品中、歴史物の佳作10編を収める。著者は創作によって封建性の打破に努めたが、博覧多読の収穫である題材の広さと異色あるテーマはその作風の大きな特色をなしている。
(著書名)父帰る(著作者)菊池寛(コメント)
(著書名)満鉄外史(著作者)菊池寛(コメント)明治から昭和前期、多くの日本人が夢見た新天地、満洲。現場の鉄道マンが異国で奮闘するエピソードを中心に、国策会社・満鉄(南満洲鉄道株式会社)設立から満洲国建国宣言時の様子までを熱く描いた、文豪菊池寛の知られざる傑作。
(著書名)大阪夏之陣(著作者)菊池寛(コメント)
(著書名)二千六百年史抄(著作者)菊池寛(コメント)
(著書名)島原の乱(著作者)菊池寛(コメント)
(著書名)応仁の乱(著作者)菊池寛(コメント)
(著書名)忠直卿行状記(著作者)菊池寛(コメント)