発行日 画像 著作名 著作者 コメント
木々高太郎木々高太郎 (著書名)日本探偵小説全集(著作者)木々高太郎(コメント)著者の得意とする精神分析を巧みに取り入れ、新しい型の名探偵像を創造した大心地先生譚は、海外探偵小説ファンにも新鮮な驚きを与えるだろう。「網膜脈視症」などの代表的短編と長編『わが女学生時代の罪』に、「文学少女」等の名作短編と長編『折蘆』を加え、木々作品の真髄をお伝えする。解説・紀田順一郎 挿絵・横山隆一、松野一夫
木々高太郎木々高太郎 (著書名)木々高太郎探偵小説選(著作者)木々高太郎(コメント)幻の連作長編「風水渙」全8話完全版を戦後初刊行!「知恵の勝利を描いた文学」までの軌跡をたどる傑作集。
木々高太郎木々高太郎 (著書名)人生の阿呆(著作者)木々高太郎(コメント)探偵小説芸術論を提唱した木々高太郎の代表的長編。第4回直木賞受賞作。
木々高太郎木々高太郎 (著書名)風間光枝探偵日記(著作者)木々高太郎(コメント) 1897(明30)年、山梨県生まれ。本名林髞。慶応義塾大学医学科卒業。1934(昭9)年、海野十三の勧めで書いた「網膜脈視症」が『新青年』に掲載されてデビュー。「人生の阿呆」(36)で直木賞を、「新月」(46)で探偵作家クラブ賞を受賞。探偵小説芸術論を唱え、戦前には甲賀三郎と、戦後には江戸川乱歩と論争を闘わせた。69年歿
木々高太郎木々高太郎 (著書名)三面鏡の恐怖(著作者)木々高太郎(コメント)真山十吉の前に、別れた恋人嘉代子とそっくりの女性が現れた。妹だと名のる。真山は政略的に結婚した女性と死に別れていた。彼は妹伊都子と再婚する。三面鏡の前で化粧する新妻は、肺病で死んだという嘉代子に瓜二つだった…。そんな折、真山の政略に絡んだ弁護士平原が殺される。その犯人は?戦後世相ミステリの傑作、初文庫化。
木々高太郎木々高太郎 (著書名)光とその影・決闘(著作者)木々高太郎(コメント)探偵小説芸術論を提唱して、探偵小説は、謎・論理的思索・謎の解決の三条件を具備しなければならず、その形式が完備しているほどすぐれた探偵小説であり、芸術小説である、と主張した著者の成果を示す長・短編の秀作を収録。長編『光とその影』は探偵役に外国人神父が登場、息詰まるようなサスペンスに溢れる。『決闘』『死固』等の九短編は、デビュー以来のおよその流れが分かるよう収録した。