発行日 画像 著作名 著作者 コメント
川上宗薫川上宗薫 (著書名)肌ぐるい(著作者)川上宗薫(コメント)
川上宗薫川上宗薫 (著書名)成熟(著作者)川上宗薫(コメント)新しいスポンサーを獲得し、ついでにさまざまな技巧を駆使して女もいただく―危険だが、それが広告代理店のやり手サラリーマン稜雅彦の生き方である。そんな彼が、ライバル社に奪われかけている大手企業の攻略に乗り出した。「ビジネスの情報はベッドから」を鉄則に、同社の豊満な美人タイピストに狙いをつけ、ラブホテルに連れ込むことに成功するが…。ベッドテクニックをフルに発揮して出世街道をひた走る男の大胆な生きざまを描くサラリーマン官能小説。
川上宗薫川上宗薫 (著書名)赤い夜(著作者)川上宗薫(コメント)
川上宗薫川上宗薫 (著書名)流行作家(著作者)川上宗薫(コメント) 「この作品は私の生理の産物のようなものである。この一、二年、私の中に、最も水位を上げて溜ってきたものが、流行作家という自分が置かれている立場への意識からくる、さまざまな絡み合いである」……芥川賞候補五回という輝かしい経歴をもちながら、こと志と反し情痴小説の第一人者、ポルノの大御所と呼ばれ、夜な夜な銀座に浮名を流す作家の心を、時によぎる若き日の夢。得たものと失ったもの、優越感と劣等感の間をたえず揺れ動く人気作家の哀歓を赤裸々に語った傑作自伝。