発行日 画像 著作名 著作者 コメント
勝目梓勝目梓 (著書名)小説家(著作者)勝目梓(コメント)昭和30年代半ば、波瀾に満ちた青年期を送った「彼」は九州から上京、作家を目指す。同人誌「文藝首都」に在籍し、名を成す手前にまで達するが、森敦と中上健次、二つの才能に打ちのめされる。そして苦悩の末、純文学作家からの転向を決断した。エンターテインメント小説の巨匠、最初で最後の自伝的小説。
勝目梓勝目梓 (著書名)戦後日本を生き抜いた男の、人には明かせない記憶の数々。官能文学の最高傑作。情欲、悔恨、恥辱…夜ふけの静かな波音だけが、不思議な深い慰めと安らぎをもたらしてくれる。文壇の巨匠が描く、壮絶な人生の挽歌― (著作者)勝目梓(コメント)
勝目梓勝目梓 (著書名)水槽の中の女 (著作者)勝目梓(コメント)死期迫る男が書いた妻への忘執の記。男は20年間胸に秘めてきた出来事をノートに綴り始めた。それが妻への特異な形の深い愛情の吐露だと信じて。始まりは、学生時代に経験した年上の女との奇妙なセックスだった…。
勝目梓勝目梓 (著書名)10分間の官能小説集(著作者)勝目梓(コメント)