<
発行日 画像 著作名 著作者 コメント
(著書名)背徳の花びら(著作者)生島 治郎 (コメント)
(著書名)浪漫疾風録(著作者)生島 治郎 (コメント)
(著書名)夢なきものの掟(著作者)生島 治郎 (コメント)政権奪取に向け対立する共産党と国民党。その狭間で利権保持の為に暗躍する列強各国。街には阿片中毒者が溢れ、その阿片で闇を牛耳る秘密結社・青幇―。この混沌の魔都・上海に紅真吾が再び姿を現した。かつて一攫千金を目論み、大陸浪人を率い揚子江を溯った紅は、多くの仲間と大金を失い地下に逃れた。その紅が、5年の時を経て現れたのは、友人葉村が阿片に溺れ失踪したからだ。敵対しながらも生死を共にした葉村を捜し出すことは、紅にとっても己の存在を確認することなのだ…。緊迫した時代背景を舞台に、男の生き様を懸けた旅が今始まる。
(著書名)黄土の奔流(著作者)生島 治郎 (コメント)中国に渡って十五年、破産した紅真吾は、危機から救った大手商社の支店長・沢井から、儲け話に誘われる。揚子江を重慶まで溯り、豚毛を買い集めて帰ってくればぼろ儲けできるのだという。だが流域の治安は劣悪で、命の保証はない。一攫千金を狙う真吾は、短剣投げの名手・葉村宗明ら素性の知れない八人の猛者と出立する―。手に汗握る傑作冒険小説。
(著書名)追いつめる(著作者)生島 治郎 (コメント)志田刑事は暴力団浜内組幹部を追跡中、同僚刑事を誤射して引責退官している。妻側からもらった離婚慰謝料を資本に、志田前刑事の浜内組追及は続けられた。暴力団の“経営革命”すら行なって尻尾を出さぬ浜内組と孤独な退職刑事との凄まじい闘い!直木賞を受賞し、ハードボイルドを日本の土壌に開花させた秀作。