発行日 画像 著作名 著作者 コメント
伊集院静伊集院静 (著書名)(1)親方と神様(著作者)伊集院静(コメント)鋼と火だけを相手に、人生の大半を過ごしてきた鍛冶職人、六郎の前に現れたのは澄んだ瞳をした少年だった。少年の思いがけない申し出に、六郎は…。静かな感動をよぶ、珠玉の少年小説。
伊集院静伊集院静 (著書名)ひとりで生きる 大人の流儀9(著作者)伊集院静(コメント)一人で生きることを自覚せよ、と言っても、そう簡単にできるものではない。泣く雨の夕暮れも、一人で膝をかかえて星を見上げる夜半もあるであろう。孤独というものには、やるせなさがどこかに隠れている。なのに一人で生きようとしている人には、家族、兄弟姉妹、仲間、同僚、友と日々、逢ったり、連絡を取り合って、普通に生きている人たちには、ないものがある。あの潔さに似たものは何なのだろうか? ひとりで生きることは、一見淋しいものに思えるが、実は美しい人間の姿であるのかもしれない。――伊集院静
伊集院静伊集院静 (著書名)一度きりの人生だから~大人の男の遊び方2(著作者)伊集院静(コメント)至言あふれる「大人の生き方」指南書。
伊集院静伊集院静 (著書名)女と男の品格。 悩むが花(著作者)伊集院静(コメント)「女を舐めとると、命取られるよ」「男の本性は失敗することで見えてくる」―男運、裏切り、浮気、離婚、未練、余命宣告、介護、去り際…世の中、男女の深い(?)話は兎角、謎ばかり。人生経験豊富で酸いも甘いも噛み分ける人気作家が、あらゆる悩みに答える人生の処方箋。週刊文春の人気連載「悩むが花」より厳選した第3弾。
伊集院静伊集院静 (著書名)悩むなら、旅に出よ。旅だから出逢えた言葉 (II)(著作者)伊集院静(コメント)旅と言葉を巡る珠宝の紀行文集。待望の続編
伊集院静伊集院静 (著書名)女と男の絶妙な話。(著作者)伊集院静(コメント)人はどのように生きていけばよいか?週刊文春の大人気連載「悩むが花」傑作選。恋に仕事に趣味に人生に効く111のヒント。
伊集院静伊集院静 (著書名)大人の流儀(著作者)伊集院静(コメント)大好きな人に手紙を書きたくなったとき。上司に意見をしなければならないとき。人を叱らなければならないとき。大切な人を失ってしまったとき。嫌でもケンカをしなければならないとき。とてつもない悲しみに包まれたとき。こんなとき、大人ならどう考え、どう振る舞うのだろう。
伊集院静伊集院静 (著書名)人生なんてわからぬことだらけで死んでしまう、それでいい。 悩むが花 (著作者)伊集院静(コメント)「週刊文春」好評連載、「悩むが花」第2弾。読者からの名問・珍問にときに親身に、ときに厳しく答える伊集院氏の魂から発せられる言葉の数々。「人が人を救うことはできない。しかし共に闘うことはできる」「すぐ役に立つものはすぐ役に立たなくなる」―膝を打ったり頭を垂れたりしながら読み進み、人生そんなに悪くないと思う一冊。
伊集院静伊集院静 (著書名)東京クルージング(著作者)伊集院静(コメント)ドキュメンタリー番組で出逢った三阪剛という青年に、作家の私は強く惹きつけられた。2人で作り上げた松井秀喜の番組は成功し、全ては順調だった。だが、三阪君には病魔が迫っており、さらに彼には決して忘れることのできない女性がいたのだった。彼が将来を約束したその女性は、突然、彼のもとを去ったというのだ。彼の死後、手紙で彼の想いを受け取った私は、三阪君の過去を辿り、彼女の行方を探しはじめる―。
伊集院静伊集院静 (著書名)一生に一度旅してみたいゴルフコース 世界の名門22コース (著作者)伊集院静(コメント)ゴルファーにとっての聖地、奇跡のコースと呼ばれ、メジャー大会でも幾多の名場面が演じられてきた。そんな優雅で手強いコースへ、なぜ旅を重ねたのか。あなたも旅してプレーしてみれば、ゴルフを通して、人生が変わるかもしれない。