発行日 画像 著作名 著作者 コメント
堀辰雄堀辰雄 (著書名)風立ちぬ・美しい村(著作者)堀辰雄(コメント) 風のように去ってゆく時の流れの裡に、人間の実体を捉えた『風立ちぬ』は、生きることよりは死ぬことの意味を問い、同時に死を越えて生きることの意味をも問うている。バッハの遁走曲に思いついたという『美しい村』は、軽井沢でひとり暮しをしながら物語を構想中の若い小説家の見聞と、彼が出会った少女の面影を、音楽的に構成した傑作。ともに、堀辰雄の中期を代表する作品である。
堀辰雄堀辰雄 (著書名)堀辰雄(著作者)堀辰雄(コメント)
堀辰雄堀辰雄 (著書名)大和路・信濃路 (著作者)堀辰雄(コメント)
堀辰雄堀辰雄 (著書名)大和路 (著作者)堀辰雄(コメント)
堀辰雄堀辰雄 (著書名)羽ばたき(著作者)堀辰雄(コメント)『風立ちぬ』などのサナトリウム文学のイメージを一新するように、堀の初期の作品には、しばしば天使や妖精が出てくる。空を飛ぶイメージと共に、水の中を漂い泳ぐイメージを伴う作品も少なくない。そのいずれにも軽やかな浮遊感がある…。新仮名遣いで甦る摩訶不思議な世界。
堀辰雄堀辰雄 (著書名)菜穂子―他五編(著作者)堀辰雄(コメント)