発行日 画像 著作名 著作者 コメント
(著書名)ライオンは仔猫に夢中 平塚おんな探偵の事件簿3(著作者)ひー東川 篤哉 (コメント)
(著書名)探偵さえいなければ(著作者)ひー東川 篤哉 (コメント)さまざまな着ぐるみが集う烏賊川市のビッグイベント「ゆるキャラコンテスト」。その準備中に、一人の出場者が胸を刺されて死んでいるのが発見された!事件解決のリミットはコンテスト開始までの一時間。探偵の鵜飼は真相解明に乗り出すが―。(「ゆるキャラはなぜ殺される」)おなじみ烏賊川市の面々がゆるーく活躍する、大人気ユーモアミステリー傑作集!
(著書名)魔法使いと最後の事件(著作者)ひー東川 篤哉 (コメント)オカルト雑誌に目をつけられ、八王子から姿を消したマリィ。寂しき小山田刑事は、たった一人で難事件に挑む。しかし事件関係者の周囲で、三角帽に箒を持った少女の目撃情報が!?笑って驚いて、最後は感涙。魔法使いマリィと小山田刑事のユーモアミステリーシリーズ、ついに完結!
(著書名)伊勢佐木町探偵ブルース(著作者)ひー東川 篤哉 (コメント)横浜の老舗商店街・伊勢佐木町にひっそりと事務所を構える私立探偵・桂木圭一。時代遅れなスカジャンを愛用する舎弟・黛真琴を引き連れて、港町で起きる重大(?)事件の調査を生業にしている。ある日、知らぬ間に再婚していた母親の新居を訪ねると、そこは山手の大豪邸。お相手はなんと神奈川県警本部長で、しかもその息子は伊勢佐木署のイケ好かないエリート刑事だった…!やたらと現場で鉢合わせる義兄弟、このビミョーな関係一体どうなる!?
(著書名)さらば愛しき魔法使い(著作者)ひー東川 篤哉 (コメント)八王子署のヘタレ刑事・聡介の家に住み込みで働く家政婦兼魔法使いのマリィ。聡介の行く先々で事件が起きるたび、マリィが魔法で解決(?)してきた。ある日、魔法の秘密をオカルト雑誌が嗅ぎつけ、マリィが姿を消した―。本格ミステリと魔法の衝撃的な融合が生み出す、前代未聞のユーモアミステリ、人気シリーズ第三弾。
本屋大賞受賞作!本屋大賞受賞作! (著書名)謎解きはディナーのあとで(著作者)ひー東川 篤哉 (コメント)国立署の新米刑事、宝生麗子は世界的に有名な『宝生グループ』のお嬢様。『風祭モータース』の御曹司である風祭警部の下で、数々の事件に奮闘中だ。大豪邸に帰ると、地味なパンツスーツからドレスに着替えてディナーを楽しむ麗子だが、難解な事件にぶちあたるたびに、その一部始終を相談する相手は“執事兼運転手”の影山。「お嬢様の目は節穴でございますか?」―暴言すれすれの毒舌で麗子の推理力のなさを指摘しつつも、影山は鮮やかに事件の謎を解き明かしていく。二〇一一年ベストセラー一位のミステリ、待望の文庫化。書き下ろしショートショート『宝生家の異常な愛情』収録。
(著書名)かがやき荘西荻探偵局(著作者)ひー東川 篤哉 (コメント)西荻窪のシェアハウスで暮らす、葵、美緒、礼菜。お金も色気もないアラサー女子三人組が、探偵やるなら滞納家賃は相殺という話に飛びついた。杉並大豪邸の事件、深夜に回る洗濯機の怪、週末だけの秘密ミッション、「西荻向上委員会」からきた紳士…。謎解きは時々ぐだぐだ酒宴と化すけれど、あれ?解決のヒントが!ゆるめな推理が心地よいミステリー。
(著書名)密室の鍵貸します(著作者)ひー東川 篤哉 (コメント)しがない貧乏学生・戸村流平にとって、その日は厄日そのものだった。彼を手ひどく振った恋人が、背中を刺され、4階から突き落とされて死亡。その夜、一緒だった先輩も、流平が気づかぬ間に、浴室で刺されて殺されていたのだ!かくして、二つの殺人事件の第一容疑者となった流平の運命やいかに?ユーモア本格ミステリの新鋭が放つ、面白過ぎるデビュー作。
(著書名)ライオンの棲む街 平塚おんな探偵の事件簿(著作者)ひー東川 篤哉 (コメント)都会で夢破れ、故郷・平塚に帰ってきた元OLの川島美伽は、高校時代の旧友・生野エルザと再会する。“雌ライオン”の異名を持つエルザは、地元の刑事も一目置く名(?)探偵に成長していた…!強引に助手にされた美伽はエルザと共に、厄介な依頼人が持ち込む奇妙な事件の調査を始める。海と祭りの街を舞台に、最強の美女探偵コンビの名推理が炸裂する本格ミステリー誕生!
(著書名)館島 (著作者)ひー東川 篤哉 (コメント)天才建築家・十文字和臣の突然の死から半年が過ぎ、未亡人の意向により死の舞台となった異形の別荘に再び事件関係者が集められたとき、新たに連続殺人が勃発する。嵐が警察の到着を阻むなか、館に滞在していた女探偵と若手刑事は敢然と謎に立ち向かう!瀬戸内の孤島に屹立する、銀色の館で起きた殺人劇をコミカルな筆致で描いた意欲作。驚愕のトリックが炸裂する本格ミステリ。
(著書名)ライオンは仔猫に夢中 平塚おんな探偵の事件簿3(著作者)ひー東川 篤哉 (コメント)
(著書名)ハッピーアワーは終わらない: (著作者)ひー東川 篤哉 (コメント)人生にトキメキを与える大切なもの、それは酒、酒、酒、あとは、趣味じゃろがい!そのためには、そうだ、金だ。なにより金がいる。って、そもそも今月の家賃払えないじゃん―。というわけで、シェアハウスの家賃を相殺してもらおうと探偵稼業を始めたアラサー三人組。下世話根性丸出しで幾多の難事件に首を突っ込む。→果敢に挑む!そうアタシ達、やればデキる女なんです。