発行日 画像 著作名 著作者 コメント
(著書名)アメリカは中国を破産させる(著作者)ひ-日高 義樹(コメント)
(著書名)アメリカの大楽観時代が始まる(著作者)ひ-日高 義樹(コメント)緊迫する米中関係、果てない経済戦争の果てに待つ驚愕の未来を読み解く。香港、韓国など隣国で勃発する世相の不安。GSOMIAの破棄延期という不可解な事態。そして米国との友好関係はこの先どう変わっていくのか。日本が置かれた直近の事態をワシントン発の最新情報で分析。
(著書名)2020年「習近平」の終焉(著作者)ひ-日高 義樹(コメント)トランプ大統領登場前のアメリカの指導者たちは、「中国とはできるかぎり対決を避けたい」という政策をとってきた。だが、トランプは違う。「中国は紛れもなく共産主義国家で、このまま力を持たせておけば世界を共産化する悪魔の国である」と考えている。昨年より長期化している米中貿易戦争では、関税引き上げで中国を財政的に追い詰め、共産主義体制そのものである国営企業を押し潰すことを狙う。さらに、抑止力を劇的に強化して中国を軍事的にも封じ込め、覇権拡大を阻止。その先にトランプが見据えていることとは――。著者ならではの「ワシントン情報」で明かされた、アメリカの対中国最新戦略。
(著書名)米中衝突の結末(著作者)ひ-日高 義樹(コメント)日本人の多くは米中貿易戦争の結末を勘違いしている。この戦いは「中国製造2025」とアメリカ製造業の競争などというまともな話ではない。共産党が民間企業に補助金を与えて輸出価格をダンピングし、利益を得る不正な経済構造を潰さない限り、世界経済の低迷は止まらない、ということだ。だから中国の経済構造、サプライチェーン網が「ぶっ壊れる」までトランプ大統領は攻撃をやめないだろう。習近平主席が夢見る一帯一路の「中華帝国」は、帝国の条件である「人口・食糧・エネルギー」を兼ね備えておらず、失敗に終わらざるをえない。そして両国によい顔をしようとする安倍外交は結局のところ、どちらの理解も得られず一人ぼっちの境遇に陥る。しかし、問題はそこからだ。トランプ再選、習近平敗北の状況は孤立した日本に唯一最後の「自立のチャンス」を与えるだろう。これ以上リアルな見方はない、といってよい透徹したビジョンが日米中の角逐関係を射抜く。
(著書名)日本の「非核」神話の崩壊(著作者)ひ-日高 義樹(コメント)ワシントン発核勢力図の最新情報!いま日本に求められる抑止力の発想転換。
(著書名)アメリカに敗れ去る中国: 安倍外交の危機(著作者)ひ-日高 義樹(コメント)中国の「不正経済」と「空虚な軍事的恫喝」を改めさせる。アメリカの「正義」の戦いの決着によって、日本国家の命運と日本経済の将来は激変する!