<
発行日 画像 著作名 著作者 コメント
太宰治太宰治 (著書名)斜陽 人間失格 桜桃 走れメロス(著作者)太宰治(コメント) 没落貴族の家庭を背景に、滅びゆく高貴な美を描く『斜陽』。太宰文学の総決算ともいうべき、小説化された自画像『人間失格』。ふたりの若者の信頼と友情を力強く表現した『走れメロス』など、20世紀の日本が生んだ天才作家の名作11篇を収める。奥野健男氏のくわしい年譜、臼井吉見氏のこまやかな作品案内と作家評伝付き。
太宰治太宰治 (著書名)太宰治全集(著作者)太宰治(コメント) 「私はこの短篇集1冊のために、10箇年を棒に振った。まる10箇年、市民と同じさわやかな朝めしを食わなかった。…私はこの本1冊を創るためにのみ生れた」(「もの思う葺」)。第1創作集『晩年』(昭和11年刊)と、それにつづく“苦悩の時期”に書かれた諸篇を収める。
太宰治太宰治 (著書名)人間失格 (著作者)太宰治(コメント)