発行日 画像 著作名 著作者 コメント
芥川龍之介芥川龍之介 名作ベストセレクション (著書名)芥川龍之介 名作ベストセレクション(著作者)芥川龍之介(コメント)「羅生門」「鼻」「蜘蛛の糸」といった代表作はもちろん、芥川龍之介の佳作も多数収録。
芥川龍之介『芥川龍之介全集・378作品 (著書名)『芥川龍之介全集・378作品(著作者)芥川龍之介(コメント)「蜘蛛の糸」「歯車」「羅生門」などの代表作を始め、短編の名手、芥川龍之介の遺した「374作品」に、関連資料4作品をそえて一冊に凝縮した大全集。目次一覧から、目当ての作品に移動することが可能です
芥川龍之介羅生門 ─まんがで読破 (著書名)羅生門 ─まんがで読破(著作者)芥川龍之介(コメント)天災や飢餓に苦しむ平安時代の京都。都のシンボル羅生門にも盗人が住み、死人が捨てられ荒廃していた。屋敷をリストラされ路頭に迷う使用人が、死人の髪の毛を盗む老婆と出会い、生きるための手段を模索する表題作「羅生門」。その他、大正文壇の寵児が今昔物語を題材に描いた「王朝もの」と呼ばれる作品全3編を漫画化。
芥川龍之介或阿呆の一生 (著書名)或阿呆の一生(著作者)芥川龍之介(コメント)晩年の彼(芥川)は「筋のない小説」の意義を強調したおもむきがあるが、これはその種の一で、多少の歪曲とフィクションはあるにしても、彼自身の体験を心象風景としてつづったものである。主人公たる「僕」の見また感じる、地獄より地獄的な人生図である。無数の幻影と錯覚が、彼の神経を戦慄させる。
芥川龍之介蜘蛛の糸 (著書名)蜘蛛の糸 (著作者)芥川龍之介(コメント)悪業の限りをつくし地獄へ落とされた大泥棒の男。それでも一片の慈悲の心があったことを思い出したお釈迦様は、血の池でもがく彼の頭上に救いの糸をお降しになった。芥川竜之介の名作を遠山繁年が精魂込めて絵本化。
芥川龍之介蜘蛛の糸・杜子春 (著書名)蜘蛛の糸・杜子春 (著作者)芥川龍之介(コメント)くもの糸:大どろぼうの〓(かん)陀多は、死後地獄で苦しんでいた。お釈迦様は、昔〓(かん)陀多がくもを助けたのを思い出し、極楽からくもの糸をたらした。それにすがって、〓(かん)陀多は極楽をめざしてのぼっていくが…!?杜子春:仙人のおしえで、2度まで一夜にして都でいちばんの大金持ちになった杜子春は、世の中のむなしさから、仙人になろうとするが!?芥川龍之介の名作11編を収録。小学上級から。