発行日画像著作名著作者コメント
発行日 画像 著作名 著作者 コメント
(著書名)それぞれの終楽章(著作者)阿部牧郎(コメント)自殺した同級生の葬儀に故郷秋田を訪れた作家がふりかえる自らの生の軌跡。友と聴いたクラシック、仲間と励んだ雪の中の野球……万引事件や生家の破産を越えて胸に迫るのは懐しい思い出の数々。人生の終楽章を迎えて、自分を支えてくれた友人、父の愛、妻の献身に気づく。胸を打つ感動的な直木賞受賞作。
(著書名)寝待月(著作者)阿部牧郎(コメント)「私、夫にはこんなことようせんかったのよ。いくら要求されても…」新幹線に偶然乗り合わせた五十代の男と三十代の美しい人妻。互いに偽名のまま、二人は逢瀬を重ねる。日常を離れ、ほんとうの自分を取り戻すために。会うごとにベッドの上で大胆さを増してゆく女は…。古都・京都を舞台に男と女の“破倫の恋”を描く、現代性愛小説の白眉。
(著書名)天使の寝室(著作者)阿部牧郎(コメント)オフィスで密かに愉しむセックス相手が殺された。美人OL全裸殺人事件として社内は揺れ、情事の相手である企画室長松浦も疑われたため、自ら事件の解明に乗り出す。海外旅行でOLが知り合った謎の男の正体からストリッパー、自社の上層部と意外な線がつながり……鮮やかな推理と官能の合致した話題作。
(著書名)白夜の妖精たち(著作者)阿部牧郎(コメント)Q電気の営業課長代理・酒井研一は、久し振りに新宿の盛り場をうろつき、酔った勢いで2人の女の子に声をかけた。2人はマコとミチヨという家出中の中学生だった。3人は深夜パブで飲んだあと、ホテルへ行った。味をしめた酒井は、翌週再び新宿へ出かけ、中学生の女の子を抱いた。その週明け、酒井は新聞でマコの死を知る。夜の盛り場を徘徊し、ディスコに明け暮れるヤング・ギャルの生態を描く長篇エロチカ。
(著書名)惜愛(著作者)阿部牧郎(コメント)もう引き返せない、「最後の恋」に私は賭ける…。互いの本名も知らぬまま逢瀬を重ねる二人。ふたたびおとずれた、めくるめく春。成熟男女の「破倫の恋」を描く。
(著書名)誘惑調査室(著作者)阿部牧郎(コメント)Q商事調査室の風間は、中近東の情報管理の責任者。おりしもサウジの資源開発公社総裁が来日、真の目的は何なのか?保守党のA代議士やF水産の社長もからむ巨大な陰謀を暴くため、常務秘書の恵子、ホステスのベルら、美女たちの力を借りて風間の調査活動は展開される。サラリーマン官能サスペンス。
(著書名)深夜の顔 (著作者)阿部牧郎(コメント)オフィスで密かに愉しむセックス相手が殺された。美人OL全裸殺人事件として社内は揺れ、情事の相手である企画室長松浦も疑われたため、自ら事件の解明に乗り出す。海外旅行でOLが知り合った謎の男の正体からストリッパー、自社の上層部と意外な線がつながり……鮮やかな推理と官能の合致した話題作。