百済寺と百済大寺

百済寺と百済大寺
 『日本書紀』によれば、舒明天皇11年(639)の秋7月、天皇は「今年、大宮と大寺を造る」と記し、西国の民を徴発して大宮(百済宮)の造営にあて、東国の民を徴発して大寺(百済寺)の造営にあてたという。その年の12月には、「この月百済川の側に九重塔を建つ」とある。7月に詔を出し12月に完成するはずがないので、九重塔を建つと決定し民の徴集が成り起工したという意味であろう。皇極元年(642)9月に、百済大寺を建てるために近江と越の人夫を動員したことが『日本書紀』に見える。おそらく、舒明天皇の時代には完成せず、造立工事はその後、皇后の皇極天皇に引き継がれたと思われる。
 この百済大寺がどこにあったかは古くから謎になっていた。そして幻の百済大寺と言われていた。
従来、奈良県北葛城郡広陵町百済と云う地域に百済寺がある。山部赤人が万葉集に

  百済野の 萩の古枝(ふるえ)に 春待つと 居(を)りしうぐひす 鳴きにけむかも 巻8-1431

の歌があるが、おそらくこのあたりで詠んだ歌であろう。百済人が多くこの土地に住み附いたと言われる。そしてここに春日若宮神社とその境内に百済寺三重塔がある。本堂は大織冠(たいしょくかん)と呼ばれ、談山神社の本殿を移築したものと伝えられる。寺伝では、舒明天皇十一年、聖徳太子建立の熊凝精舎の由緒を継いで百済川河畔に創建された百済大寺といわれるが、創建・沿革についてはつまびらかでない、と伝える。寺の0.5キロ右に曽我川が左0.5キロに葛城川が流れている。曽我川を当時百済川と云っていたのかも知れない。三重塔は鎌倉時代に建立された。

90112.jpg

百済寺三重塔

 余談であるが大織冠というとおり、藤原鎌足所縁の神社であり、ここより2~3キロ離れた橿原市の曾我は蘇我氏の故里といわれ、乙巳の変での蘇我入鹿暗殺を憎み犬猿の仲である。お互い交流もなく婚姻を行わないと聞く。2000年以前までは、ここが百済大寺と信じられていたのであるが、しかし、九重塔があったとしたら、その基壇が発見されない。朽ちたとしてもどこにでもあるはずの屋根瓦も発見されていない。大宮らしきものも無い。ここが百済大寺と自信がもてないまま、いつか幻の百済大寺といわれていた。
 1997年奈良県桜井市吉備の吉備池のあるところで巨大な廃寺が発見された。やがて、吉備池廃寺となずけられた。古くからこのあたりに古瓦が発見され話題には上っていたようであるが、大規模な発掘調査がおこなわれ、塔基壇、回廊、中門、僧房と見られる遺跡が発見され、現地調査も行われた。やがて奈良文化財研究所などの研究でこれが幻の百済大寺であることの結論がだされた。吉備池廃寺の特長は、同時代の他の寺院に比較して基壇が突出して大きいことである。金堂基壇は面積が山田寺の3倍以上、元薬師寺の2倍となる。塔基壇は山田寺や元薬師寺の4倍以上の面積である。金堂、塔を囲む回廊の規模も他を圧倒している。ただし、寺の正面である中門が中央軸からずれ規模が極端に小型であるのが不思議である。伽藍は塔と金堂が平行に並んだ四天王寺式である。しかし多少の疑問が残るのは一つは百済川の所在が分らないこと。寺川が流れているが百済川との関係がいま一つわからないのともう一つは『大安寺伽藍縁起并流記資材帳』に出てくる「子部社」の存在に不明な点である。


90114.gif

90113.jpg

( http://inoues.net/club/asukaagain1.html))を借用

 

 太子道でも触れたとおり官製大寺の最初は熊凝精舎であるが、この頃はまだ高官子弟の学舎であったらしく百済大寺は画期的大寺であった。文武天皇の時代、天の香具山の南700メートルの地に高市大寺建立の詔が発せられたが、完成間近で焼け落ちてしまったという。高市大寺は後、大官大寺とよばれた。平城京に都が移ると716年に六条大路に面し大安寺が建立され、聖徳太子建立の熊凝精舎の由緒を継いだことになるが現在は昔の面影を残していない。
 さて、百済大寺のある吉備の地であるが吉備内親王や吉備真備がいる。共にこの地に住んだようであるが、元は当時の租税の「租庸調」の「庸」、すなわち京へ上って労役が課せられた吉備の人々が住んだ場所についた名前である。他に飛騨、出雲、豊前、備後、土佐、等々があり、奈良全体では無数にある。

吉備池の堤の北西の隅に立っている歌碑は大津皇子の歌である。

 ももつたう、磐余の池に鳴く鴨を、今日のみ見てや、雲隠りなむ

西側の堤の中央辺りに立つ歌碑は大伯皇女の歌である。

 うつそみの、人なる吾や、明日よりは二上山を、いろせと吾が見む

 朱鳥、(あかみとり)元年冬十月無実の罪をきせられて持統天皇の前に引きたてられた大津皇子は処刑を言い渡されて、飛鳥から磐余を通って戒重の自宅に帰る途中、磐余池のほとりで詠んだ歌で、大伯皇女の歌は後日伊勢から飛鳥に帰って、大津皇子を偲んだ歌である。ここから二上山が良く見える。ただし磐余池はこの更に南、池ノ内のあたりで現在は池はなくなっているという説のほうが有力である。

目次に戻る

HPに戻る

安閑天皇の宮跡

安閑天皇の宮跡

藤原京の大極殿跡を西に真直ぐ通る道がある。八木町から曽我町を通り曲川町から高田市に入り尺度から長尾に至る。これが竹内峠を越え河内から浪速に至る。これを横大路といい、藤原京の頃の国道一号線であり、有史以来大和と浪速を結ぶ大道であった。現在は車一台しか通れないような細い道で、国道24号や南阪奈道が出来た結果、ローカル道になってしまった。この曲川町金橋に金橋神社がある。横大路からさらに100米ほど奥まった所で殆ど人通りもなく、集落の人しか通らない。この神社の中にひっそりと碑が立っており、見ると”安閑天皇勾金橋宮跡”と書かれており、橿原教育委員会が建立したものである。現在JR桜井線高田駅の次ぎに金橋という無人駅があり、古くからある地名だったようだ。私の家から数百米しか離れていない所で犬の散歩途中に発見したのだが、そうでなければ全く関心がないし、安閑天皇自身歴史上、それほど有名ではなく話題にもあがらなかったろう。ある日、例によって犬の散歩途中、神社の隣りに住む学校の先生にお会いした。前から気になっていたので、天皇の宮跡というかぎり何か言い伝えか伝説があるのかと聞いた。神社の隣りに住んでいながら良く判らないという。ただ、近所の人は蔵王権現さんといって親しみ、年一度のお祭りがあり、近くの畝火山口神社の神主がきて、権現さん祭りをおこなうとのことであった。境内の案内板により安閑天皇の事跡を紹介する。

      金橋神社の鳥居

      宮跡の碑 ”安閑天皇勾金橋宮跡”と書かれている

安閑天皇(西暦四六六生~五三五死)は継体天皇の第一皇子で勾大兄廣國押武金日天皇の名で親しまれ西暦五三四年春正月に第二十七代天皇として勾金橋宮で即位された。都を大和國磐余の玉穂宮(継体天皇宮殿)から勾金橋の地(橿原市曲川町)に遷されたのは今から千四百五十年前のことで寛大にして仁恵の心深い天皇は此の地で善政を敷かれた。この由緒ある勾金橋宮に安閑天皇の遺徳を偲びその神霊を祀って創建されたのが権現社である。権現社建立時期は定かではないが明治維新に金橋神社と改稱され人里に接した社地は竹林と生垣で隔てられ社殿の周囲には古木が聳え立ち千古の霊蹟を今日に伝えている
大正四年十一月に奈良県教育委員会より建設された安閑天皇勾金橋宮跡の記念碑も境内に保存されている 平成元年十一月十二日 橿原市曲川町

第26代 継体天皇(450?~531)(皇后)手白香皇女 (妃)尾張目子媛
第27代 安閑天皇(466~535)(母)尾張目小媛 (皇后)春日山田皇女
第28代 宣化天皇(467~539)(母)尾張目小媛 (皇后)橘仲皇女
第29代 欽明天皇(509~571)(母)手白香皇女

日本書紀によれば上が天皇の経緯である。継体以降その死後次々と皇位を継ぎ第30代敏達天皇に引き継いでゆく。在位期間は数年で短いが順調に交代したように見える。しかし継体天皇とそれに続く安閑・宣化・欽明の四代の天皇の即位と崩年に
関する記述には矛盾が多く、その背後には複雑な政治情勢が秘められていたと思われる。継体天皇は応神天皇5世の孫として即位する前(妃)尾張目子媛の間に安閑、宣化の二人の子を従えて第26代天皇に即位した。即位後手白香皇女を娶り皇后とし尾張目子媛は妃となった。応神5世の孫とはいえ尾張目子媛を妃にしたのは血統上の問題を事前におさえておく狙いがあったのであろう。531年継体が崩御するや卑女の生まれの安閑を嫌い、正統な皇女の子を皇位につけることを画策する蘇我稲目らと安閑をかつぎだす大伴、巨勢氏らが対立し争いが起こった。これを「辛亥の変」といわれ、安閑、宣化と欽明の二朝対立の構図である。
日本書紀には継体天皇の崩御年の資料として「百済本記」の中の記述を示しているが、これには天皇と皇太子そして皇子が共に亡くたったと書かれている。これが事実とすると「継体天皇」が亡くなられた時に安閑、宣化も亡くなったことになり、日本書紀が二説を残し事実の解明を後世にのこした。
さらに伝説として安閑は二朝対立の結果、吉野に退却の後、尾張に逃れ尾張目小媛の生地名古屋に兵を求めたが結果欽名に破れ蔵王権現になったと云うのである。

吉野は悲運の地である。『花書よりも史書に悲しき吉野山』といわれる。時の権力者に反逆し、危機が迫ると吉野に走った。吉野は地形学的に反逆者にとって難攻不落の自然の堅城である。背後は奥深い山地であり左右は絶壁の高台で地上から攻め来る敵が丸見えとなる。前方が唯一の道であるが馬の背の尾根となり、容易に封鎖できる。さらに、一朝事があれば一日で都に到着可能である。役の行者が時の権力に抗し釈迦、弥勒などでは衆生を度し難いとして、吉野で湧現させたのが蔵王権現で、憤怒の形相を持つ日本独自の佛尊を興隆した。天武天皇は近江朝に反抗し吉野に逃れた後、伊勢、尾張から反撃せ皇位を奪い返した。
源義経は頼朝に追われ吉野から奥州にのがれ、南北朝では後醍醐天皇が足利尊氏に坑し二朝対立した。役の行者は706年没で安閑天皇はそれより150年も前の出来事で元祖吉野悲劇とも言うべき人物であったということになる。安閑天皇の事跡が史実かどうかわからないがもし事実なら新しい発見である。

目次に戻る

HPに戻る